ぽかぽか湯冷めしないお風呂の入り方!ナノバブルの保温効果

くらし快適ナノバブル

2022年10月31日

ぽかぽか湯冷めしないお風呂の入り方!ナノバブルの保温効果


寒い冬は、「あたたかい湯船にゆったりと浸かるバスタイムが楽しみ」という方も多いのではないでしょうか?
その一方で「せっかく温まったはずなのに、しばらくすると体が冷えてしまう」「寝る時、手足が冷えて眠れない」
など、“湯冷め”に悩んでいる方も多いようです。
今回は、寒い冬にうれしい、湯上がりのぽかぽか感が続く『お風呂革命 ナノバブール プチ(Petit)』の保温効果について紹介します。

どうして湯冷めは起こる?
そもそもどうして湯冷めをするのでしょう?
お風呂に入ることで、体が温まり「体温が上昇」します。お風呂から出た後、体は上昇した「体温を調節」しようと、
汗をかいたり、血管を広げたりします。
つまり、体温を必要以上に下げてしまったことで、湯冷めが起きるのです。

1. 入浴することで体温が上昇
2. 入浴後、汗をかくなど、体温の調節機能が働く
3. 体温が下がり過ぎて「湯冷め」が起こる

湯冷めをしないための工夫
湯冷めをしないために、入浴中や入浴後のポイントを紹介します。
<入浴中のポイント>
■入浴剤を使う
温浴効果のある入浴剤を使用します。

■ぬるめのお湯にゆったり浸かる
「熱いお湯の方が温まりそう」と思いがちですが、急に体温が上がると「体温の調節機能」が強く働いて、
湯冷めすることも。おすすめは、38〜40℃のぬるめのお湯に、15〜20分くらいがつかること。
じんわりと体の芯まで温めることが大切です。

<入浴後のポイント>
■浴室内で体を拭く
肌についた水分は、蒸発することで体の熱を奪っていきます。浴室を出る前に、暖かい浴室内で体の水分を取り除きます。

■髪をよく乾かす
髪の毛が濡れていると、どんどん熱を奪っていきます。ドライヤーで十分に髪を乾かします。

ナノバブル(ウルトラファインバブル)の保温効果
『お風呂革命 ナノバブール プチ(Petit)』のナノバブル(ウルトラファインバブル)水は、
シャワー後の保温効果が持続します。ナノバブル(ウルトラファインバブル)とは、
1/1000mm未満の目に見えない微細気泡のこと。『お風呂革命 ナノバブール プチ(Petit)』は、
10Lで1兆8千億個以上のナノバブルを発生。
ナノバブル水は、お肌の奥まで届いて、表面温度を上げることから保温効果を期待できます。
さらにお肌に潤いを与え、キメを整えます。 

下記は、40℃の温水シャワーを10分間当てて、手の温度をサーモグラフィーでチェックしたものです。
30分後も保温されていることがわかります。



<ナノバブル(ウルトラファインバブル)の効果>
 お肌と頭皮への保湿&保温効果 
 毛穴やシワの奥まで届いて、余分な皮脂や汚れを落とすサポート
 超微細な泡だから、シャワーの肌あたりがやわらかい。

まとめ
ナノバブル(ウルトラファインバブル)の保温効果は、『お風呂革命ナノバブール』をご購入のお客さまの口コミでも高評価をいただいています。
「シャワーから浴槽にお湯をはってみたら、入浴後もポカポカが続きます!」
「冷え性の主人用に購入。お風呂上がりの汗の量に変化を感じます」 
これからどんどん寒くていきます。『お風呂革命 ナノバブール プチ(Petit)』で、ぽかぽかあったか生活をお楽しみください。

詳細はこちら
お風呂革命 ナノバブール プチ(Petit) https://art-verre.com/shower-petit/