もう「パパ臭い!」と言われない!ナノバブルで消臭洗濯

くらし快適ナノバブル

2022年09月30日

もう「パパ臭い!」と言われない!ナノバブルで消臭洗濯

「きちんと洗濯したはずなんだけど、夫の衣類が臭い」という経験はありませんか?その臭い、
実は30代半ば〜50代半ばの男性に多くなる「ミドル脂臭」が原因です。
今回は、ミドル脂臭対策と衣類についた臭いの落とし方、ミドル脂臭を抑える
『洗濯革命ナノバブールPetit』洗浄効果について紹介します。

衣類が臭くなる原因は
ミドル脂臭の元となる「ジアセチル」は、汗に含まれる「乳酸」と、皮膚の常在細菌である「ブドウ球菌」
によって生成されます。このジアセチルが、皮脂中の「中鎖脂肪酸」と混じることで悪臭化し、
ミドル脂臭となります。使い古した油のようなミドル脂臭は、後頭部や頭頂部の頭皮、うなじ、
耳の後ろを中心に発生します。

後頭部やうなじ、耳の後ろに発生するミドル脂臭は、ワイシャツや上着類の襟や、
セーターの首まわりに付着します。何回か着続けることが多い秋冬は、
衣類にミドル脂臭が蓄積しやすい季節ともいえます。

ミドル脂臭を減らす方法
衣類のミドル脂臭を予防するには、「ブドウ球菌や乳酸の発生を抑える」「身体の皮脂汚れを落とす」
「衣類に付いた臭い成分を落とす」などが挙げられます。
■「ブドウ球菌や乳酸の発生を抑える」は、バランスの良い食生活や、ストレスを減らすなど、生活習慣の改善が大切です。
■「身体の皮脂汚れを落とす」は、洗髪や首まわりなどを丁寧に洗うことが大切です。入浴の仕方については、
『お風呂革命ナノバブールPetit』の使用も効果的です。
『お風呂革命ナノバブールPetit』https://art-verre.com/shower-petit/

今回は、「衣類に付いた臭い成分を落とす」を中心に紹介します。

■弱アルカリ性の洗濯石けんで「予洗い」
ミドル脂臭の原因である皮脂は「酸性」なので、反対の性質の「アルカリ性」の洗剤を使うことで汚れを落としやすくします。
1. 襟や首まわりの部分を水で濡らす。
2. 弱アルカリ性の洗濯用石けんを塗り、もみ洗いする。
3. いつものように洗濯機で洗う。

■濃縮液体洗剤を「直塗り・予洗い」
襟や首まわりの部分に液体洗剤を塗って、洗濯機で洗う。
1. 襟や首まわりの部分に濃縮洗剤を塗布。
2. 10分程度置いてから、洗濯機で洗う。 

■お湯で洗う
皮脂汚れは「脂(あぶら)」なので、お湯で洗う方がよく落ちます。40℃くらいのお湯で洗います。 

■弱アルカリ性の洗剤で洗う
皮脂を落としやすい弱アルカリ性の洗濯洗剤を使用します。弱アルカリ性の洗濯洗剤は、粉末タイプが多いようです。

ナノバブル(ウルトラファインバブル)で、ミドル脂臭を落とす
ご紹介した「衣類に付いた臭い成分を落とす」方法は、予洗いをしたり、お湯を使ったり、
一手間かける必要があります。
衣類に付いたミドル脂臭を落とすには、『洗濯革命ナノバブールPetit』のナノバブル水で洗濯するのが効果的です。
その理由について紹介します。


■洗濯洗剤の洗浄力を高め、繊維の奥まで浸透させる
ナノバブル(ウルトラファインバブル)とは、1/1000mm未満の目に見えない微細気泡のこと。
『洗濯革命ナノバブールPetit』は、10Lで1兆2千億個以上のナノバブルを発生。この微細な泡は、
洗濯洗剤をよりきめ細く溶かして洗浄力を高めるとともに、繊維の奥に入り込んだミドル脂臭の
原因となる皮脂汚れにまで洗濯洗剤を届けます。

<ナノバブル(ウルトラファインバブル)の効果>
 常温の水で、粉末タイプの洗濯洗剤をきめ細かく溶かし、洗浄力を高める効果
 繊維の奥の皮脂汚れまで洗濯洗剤を浸透させる効果

まとめ
年齢によるミドル脂臭は、臭いそのものを止めることは難しいです。
ミドル脂臭は衣類だけでなく、枕やクッションなどにも付着しやすいので、日頃のお手入れが大切です。
『洗濯革命ナノバブールPetit』は、いつも通りの洗濯をするだけでミドル脂臭を抑えることができます。
『洗濯革命ナノバブールPetit』で、快適で清潔な暮らしをお楽しみください。

▼詳しくはコチラ
洗濯革命 ナノバブールPetit(プチ)https://art-verre.com/petit/