もっと知りたいナノバブル

2022年02月28日

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性6

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性6排水処理・水質改善の装置メーカーを調べてみました。結果、マイクロバブル・ナノバブル技術を活用しているメーカーが複数社ありました。いくつか紹介します、「排水処理の常識を変えたシステム 画期的な排水処理…

続きを読む

2022年02月21日

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性5

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性5100μm以下のサイズのマイクロバブル・ナノバブルは、排水処理に有効かどうかについて考えてみます。まず、100μmのマイクロバブルを以下のように分類してみます。・径が100μm以上の浮上していくマイ…

続きを読む

2022年02月14日

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性4

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性4酸素移動効率に関して、少し時間をさかのぼってこれまでの取組みをざっと見てみます。昭和40年代後半から50年代、増大する下水量に対応するため、 限られた処理場用地を効率的に活用し、より多くの下水を処理…

続きを読む

2022年02月07日

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性3

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性3酸素移動効率、もしくは酸素溶解効率は、排水処理、水質改善における活性汚泥法を行なう際に目安となる重要な値です。この酸素は、汚泥内の酸素呼吸を行なう好気性微生物を活性化させるために供給されるもので、水…

続きを読む

2022年01月27日

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性2

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性2「日本及び各地域の代表国におけるファインバブル産業の市場規模推移」が調査研究書で紹介されています。ずっと日本が首位の座に留まっていたのですが、2020年に中国が日本を逆転し、436.2億円(日本は3…

続きを読む

2022年01月20日

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性1

マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性1新たな可能性を展望する上で、現状を把握しておきたいと思います。参考にする資料は、昨年3月に発表された「独立行政法人 製品評価技術基盤機構 国際評価技術本部国際企画課 ファインバブル室」の調査報告書要…

続きを読む

2022年01月10日

マイクロバブル・ナノバブル技術とは!30

マイクロバブル・ナノバブル技術とは! 304年前に特許庁がまとめた『マイクロバブル・ナノバブルの特許出願動向調査』で紹介された技術を取り上げてきましたが、その後の製品開発・技術開発に関して、次回から「マイクロバブル・ナノバブルの新たな可能性…

続きを読む

2022年01月04日

マイクロバブル・ナノバブル技術とは!29

マイクロバブル・ナノバブル技術とは!292017年、ペット洗浄で特許申請している企業が1社あります。友人の獣医師に聞いてみたのですが、その後、5?6社の企業からペット洗浄装置の案内があったとのことでした。最近では、オゾン・ペット洗浄装置が発…

続きを読む

2021年12月31日

腸内細菌とナノバブル4

腸内細菌とナノバブル4本年『Journal of Functional Foods』に掲載されたセルゲイ・オストジック氏の「Hydrogen‐rich wateras a modulator of gut microbiota ?」を取り上…

続きを読む

2021年12月26日

腸内細菌とナノバブル3

腸内細菌とナノバブル3日本分子状水素医学生物学会のホームページに、「水素水の飲用効果についての学術論文では、0.5 mg/L (0.5 ppm)の水素水を一日1L飲用した場合の効果が報告されており、それ以下の濃度の水素水の飲用効果は見当たら…

続きを読む