洗濯槽掃除の効果アップ!ナノバブルで黒カビ対策

くらし快適ナノバブル

2022年06月30日

洗濯槽掃除の効果アップ!ナノバブルで黒カビ対策

洗濯した衣類に付いていたり、洗濯槽クリーニングをした時に浮いていたり、
黒いワカメのようなゴミが気になったことはありませんか?
黒いゴミの正体は、洗濯槽の裏側に付いたカビ汚れの可能性があります。
今回は、洗濯槽のカビ対策にもなる『洗濯革命ナノバブールPetit』
『洗濯革命ナノバブール』の洗浄効果について紹介します。

洗濯槽にカビが繁殖する理由とは?
実は洗濯槽には、「洋服の汚れ」「洗剤カス」「水アカ」「ほこり」など、いろいろな汚れが付いています。
カビや雑菌は、これらの汚れをエサにして増殖しています。
一般的にカビは、黄色いカビ→茶褐色のカビ→黒いカビへと変化します。
特に湿気の高い洗濯槽の裏側は、カビが増殖しやすい環境です。

■洋服の汚れ:皮脂や汗をはじめ、食べ物や飲み物などの食品、外出先で付いたゴミなど。
■洗剤カス:粉タイプの洗濯洗剤の溶け残りや、液体洗剤や柔軟剤などが水に流れずに付着して固まったもの。
■水アカ:水道水に含まれるカルシウムなどの成分。
■ほこり:水に触れて固着。

洗濯槽の掃除
洗濯槽の黒カビ防止には、定期的な掃除が大切です。
それでは、代表的な洗濯槽掃除のための洗剤と使い方、特徴を紹介します。

1.塩素系クリーナー
ドラックストアやスーパーなどで売られているポピュラーなクリーナーです。
汚れを分解し、殺菌力に優れています。塩素特有のニオイがするのと、
他の洗剤と混合させると有害物質を発生するので注意が必要です。
<使い方>
塩素系クリーナーを洗濯槽に入れて、洗濯機を動かすだけ。
洗濯機の機種によっては「槽洗浄コース」があったり、クリーナーによって用法が違ったり、
使用する際はそれぞれの説明書を確認しましょう。

2.酸素系クリーナー
発泡した泡の力で汚れを剥がし落とします。
塩素系クリーナーよりも殺菌力が弱くなりますが、安全性が高いクリーナーです。
汚れを剥がし落とすので、洗濯槽に浮いた汚れをすくい取る作業が必要です。
<使い方>
洗濯槽内にぬるま湯と酸素系クリーナーを入れ、洗濯機を動かして数時間放置します。
汚れが浮いてくるので、すくい取り、すすぎます。
洗濯機の機種によっては「槽洗浄コース」があるので説明書を確認しましょう。

3.重曹
環境に優しく、安全性の高いクリーナーです。
洗浄力・殺菌力が弱いので、こまめな掃除が必要です。

洗濯槽の黒カビ防止のアイデア
洗濯槽の掃除の他に、黒カビを発生しにくくする工夫をすると良いでしょう。

■洗濯後は、洗濯機のフタを開けておく
フタを開けて洗濯槽を乾燥させておくことで、カビの繁殖を抑えます。

■洗濯機の中に洗濯物を入れない
汗や皮脂、汚れが付いた洗濯物を洗濯機に入れて保管しないこと。洗濯カゴを使用しましょう。

■洗剤や柔軟剤の量は用法通りに
溶け残った洗剤や柔軟剤は、カビのエサに。用法を守って、しっかりと溶かすようにしましょう。


ナノバブルで、洗濯槽もキレイに

洗濯槽の汚れ防止には、『洗濯革命ナノバブールPetit』『洗濯革命ナノバブール』
のナノバブル水で洗濯するのがおすすめ!その理由について紹介します。

■洗濯洗剤や柔軟剤の溶解力を高める
ナノバブルとは、1/1000mm未満の目に見えない微細気泡のこと。
『洗濯革命ナノバブールPetit』は、10Lで1兆2千億個以上のナノバブルを発生。
この微細な泡は、洗濯洗剤や柔軟剤をより溶かして効果を高めます。
・ナノバブルが持つ洗剤溶解能力で洗浄効果UP!
・ナノバブルが持つ柔軟剤溶解能力で水中の分散能力UP!

■洗濯槽の洗浄効果
ナノバブルはマイナス(-)電荷を帯びているため、水中に漂うプラス(+)
の電荷を帯びた微細な汚れ(皮脂や汗など)に吸着、さらに汚れを剥がす力を持っています。
ナノバブルの洗浄・除菌効果で、洗濯槽の裏側までキレイに保ちます。



まとめ
『洗濯革命ナノバブール』をご購入のお客さまの口コミでは、
「市販の洗濯槽クリーナーで3ヶ月ごとに、槽洗浄をやっていたのですが、
そのたびに黒いカビが浮き上がって悩んでいまいました。
ナノバブール購入後、いつも通りに3ヶ月ごとの槽洗浄を行ったところ、
これまでのように黒いカビのような物が浮き上がってきませんでした」
という、喜びの声をいただきました。
定期的な洗濯槽クリーニングだけでなく、普段の洗濯で洗濯槽もキレイに。
『洗濯革命ナノバブールPetit』『洗濯革命ナノバブール』で、快適な暮らしを実現してください。



▼詳しくはコチラ
洗濯革命 ナノバブールPetit(プチ)https://art-verre.com/petit/