ナノバブルとは何か!13

ナノバブルとは何か!13

前回取り上げた論文の中に、下の写真が掲載されていました。

 *は消滅を表しています。

マクロバブルは急速に上昇し、水面に到り、バーストします。
マイクロバブルは、50~65μm以上であれば、マクロバブルより遅い速度で上昇し水面でバーストしますが、
50μm以下の場合は気泡から液体への気体の移動が起こり、数時間のうちに消滅します。

「安定なナノバブルは無視できる上昇速度を有する小さなサイズの気泡であり、バブル合体の可能性を低減するために、
表面はゼータ電位で覆われています。ゼータ電位の高い値を形成するには、高い表面電荷密度を含む必要があります。
また、ナノバブル表面電荷はOH-に関連しています。界面活性剤を添加したり、pHを増やしたり、
他の方法を用いることによって、OH-を多く生成する好ましい環境を作り出すことができます。
気体と水界面でイオンより少ない水分及びより偏光陰イオンも安定したナノバブルを作り出すこともできます。
ナノバブルは数カ月、安定しています」。
また、記録されたデータを検証したところ、拡散による表面上の電荷の損失に伴い、最終的にはナノバブルも縮小し、
マイクロバブルの運命と同様に消滅することが想定されるとも書いてあります。
これを証明するため、著者らは「拡散二重層理論と分子動的シミュレーション」に基づいて、
この現象を解明する方法を構築しようとされているそうです。
いよいよ、ナノバブルの安定性が解明される日が近いようです。
この報告が出れば、すぐにこのコラムで取り上げるつもりです。ご期待下さい。