ナノバブルで!こんなことやってみた!Part1

ナノバブルで、こんなことをやってみた!

「ナノバブール」を利用して、ご家庭で色々なことにトライされている方々が居られます。
旅行や外出時にも、いつでもナノバブル水を作れると携帯用のナノバブール
製作された方もいらっしゃいます。
<携帯用ナノバブール>

<使用された部品>
タカギ  ラクロック蛇口 G1043GY(ワンタッチホース用蛇口):
ナノバブール洗濯用 本体
タカギ 洗濯機蛇口用ニップルセット GWA4411
シャワーホース
  
消費者の方からこの様なご報告を頂くことも多々あり、ぜひ紹介させて頂こうと
このコーナーを設けました。軽い読み物として、お楽しみください。

●ナノバブルでお米を炊くと、保温しても黄ばまない?

黄ばむ原因は二つあります。
まず、メイラード反応。アミノ酸と糖分が反応して、メラノイジンが生成します。
このメラノイジンが褐色の色素をもっています。嫌な臭いもします。
もう一つは、高温に強いセレウス菌の存在です。
この菌が繁殖することで、保温中のお米が変敗してしまいます。
お米を炊くと、水分含有量が増えます。炊く前のお米の水分含有量は15%くらいですが、
炊くと60%に増えます。ナノバブル水で炊くと、水分だけでなく、ナノバブルもお米の中に入ります。
ですから、ナノバブル水で炊くと、お米がふっくらとします。

では、なぜナノバブルでお米を炊くと黄ばまないのかですが、
炊き上げたお米の中に気体が封入されるからです。
セレウス菌は嫌気性の桿菌です。気体の無いところで活発に増殖します。
気体が多く封入されているナノバブルで炊いたお米が黄ばまないのは、
このあたりのことが関係していると考えられます。
また、ナノバブルを吸い込んだお米は、沢山の気体がスポンジ状になっていると思われ、
アミノ酸と糖分が密着する機会が少なくなっているとも考えられます。
メイラード反応を遅くする効果があるのでしょう。

<その他にも・・・>
●水出し茶が美味しくなる?短時間でできる?
●出汁が出やすくなる?おいしくなる?
●食器洗浄効果 油汚れが良く落ちる?臭わなくなる?
●煮物に最適 よくしみる?おいしくなる?
●お好み焼きがふっくら、モチモチ?
●ナノバブル水で氷を作ると、水割りが美味しくなる

Scroll Up