ナノバブール農業への応用!

ナノバブール農業への応用

洗濯革命「ナノバブール」を2018年2月より発売させていただき消費者の方から
色々な問い合わせや質問を頂きました。
その中で農業関連からのお問い合わせも結構ございます。
お話をよく聞くとナノバブル水で散水する事により植物の根の張り、成長の促進、
収穫の増加などナノバブル水が結果を残していることにとても関心をもっているそうです。
しかし農業用のナノバブル生成器が高額な為、手が出せない・・・が本音のようです。
そして弊社商品である「ナノバブール」を応用して農業に使えないかを確認するため
お問合せを頂いた次第です。
「ナノバブール」は家庭用品として開発した物であり農業には不向きであることをお伝えしたのと
農業のほとんどが地下水利用なので「ナノバブール」を利用してもナノバブルは発生しない旨を
お伝えしました。
ではなぜ、地下水くみ上げでナノバブルが発生しないのか?
弊社商品「ナノバブール」は水道水の蛇口に繋ぐことでナノバブルを発生することができます。
その理由は、水道管には多くのミリ単位の泡が含まれており、そのミリ単位の泡を含んだ水が
ナノバブールを通ることによりナノバブルが発生するという構造です。
簡単に言うとミリ単位の泡がナノバブールの機能でシュレッターされナノバブルになるということです。
これは水道水だからこそ成り立つ構造という訳です。
しかしながら地下水のくみ上げではミリ単位の泡が含まれていない為、ナノバブルの生成は無理だと
いう事になります。
いつもこの様な説明を行いご納得頂いておりました。
しかし、農業関連の方になにか低単価でナノバブルを発生させる方法は無いのか・・・色々考えてみました
地下水のくみ上げにはモーターポンプを利用しますが、ミリ単位の気泡を含ませた水をくみ上げることが
できればナノバブールの使用でナノバブルの生成は可能です。
エアレーション(水槽なので利用されるぶくぶく泡が出る装置)を利用して泡と水を一緒にくみ上げることが
できるのではないかと考えました。
もう一つは、いったん地下水をくみ上げタンクに入れてからエアレーションを使い泡を発生させ、別モーターで
泡を含ませた水をくみ上げてナノバブールを通すことでナノバブルを生成することです。
この方法でタンク内の地下水を循環させればナノバブル水になります。
問題は水道水なみの水圧を出せるモーターポンプが必要となります。
望ましい水圧は0.2Mpa以上です。

この方法であればナノバブールを利用し安価でナノバブルを生成することができます。
また、他の方法でナノバブル生成ができないか・・・これからも考えてお伝えして行けたらと思います。

Scroll Up