洗濯に関するアンケート調査(10/11~10/31 3376人)

洗濯に関するアンケート調査(10/11~10/31 3376人)

【実施概要】
実施期間:2018/10/11~10/31
実施対象:洗濯を自宅で行っているボイスノート会員
集計対象:3376人
【アンケート結果】
・約半数の人が、毎日洗濯を行っている
・洗濯に関する不満で最も多いのは「ニオイ残り」
・ナノバブルが洗濯に効果的であることを知っているのは、全体の14.3%
・42.4%の人が、「洗濯に効果的なナノバブルを使用してみたい」と回答












◆約半数の人にとって日課である洗濯は、不満に感じることも多い
日々の生活で、“汚れ物”は必ず出てくるものです。
そんな汚れ物を洗うために洗濯機は、生活の必需品と言っても過言ではありません。
現在では、少しでも楽にキレイに洗濯ができるように、各社からさまざまな種類の洗濯機が販売されています。
そうした中、実際にご家庭で洗濯をされる方々は、洗濯に関してどんな不満を感じているのでしょうか。
調査結果では「毎日」と回答する人が46.0%という結果となりました。
約半数の人にとって、洗濯は日課であるようです。
次に多かったのは18.72%で「週3~4回」でした。
また、家庭での洗濯において不満を感じる点として、最も多かったのは16.87%で「汚れが残る」、
続いて多かったのは16.18%で「ニオイ残る」でした。
洗濯は、汚れ物の汚れやニオイや洗い落とすために行うものですが、
それらに不満を持ってしまうという人が3割以上はいるということが、
今回の調査からわかりました。
洗濯を行っている人は、洗濯の目的である汚れやニオイを落とすことに不満を
感じている人が多い、ということが言えます。
また、洗濯機の機能向上や洗濯洗剤の機能向上の中、意外な結果とも言えます。
次に洗濯での不満「ニオイ残り」「汚れ残り」に対して、ナノバブルが効果的
であることを知っているのは、全体の14.34%でした。
そして、それを知ったうえでナノバブルを発生させる給水ホースを使ってみたいと
回答したのは、全体の半数近くである、42.36%となりました。

◆ナノバブルの力を実感してもらうモニター調査を実施
株式会社アルベール・インターナショナルは、モニターサイト「ゲッティーズ」において、
2018年6月に「ナノバブール」のモニターキャンペーンを行いました。
その結果がこちらです。


モニターサイト「ゲッティーズ」内レビューページ
http://coetas.jp/fp/art-verre/review/1266

「ナノバブール」を実際に試された方のほとんどが、
いつも以上にニオイや汚れが落ちていることを実感していることが分かりました。
今回の洗濯アンケート結果を受け、ナノバブルの効果、良さを広い世代に知ってもらうため、
株式会社アルベール・インターナショナルは、洗濯とナノバブルの効果を発信し続けてまいります。

Scroll Up