ナノバブル水でレモンの木を育ててみた!

ナノバブル水でレモンの木を育ててみました。
きっかけは、昨年度ひとつも実らず、悲しい思いをしました。
ナノバブル製品を開発しているので、ナノバブル水が農業で活躍しているのは
知っていましたが、正直、農業はど素人です。
ナノバブル水がレモンの木の成長を促進するのか、しないのかも分からず1年間
ナノバブル水で育ててみました。
その結果・・・・

植木鉢にレモンの木を植えただけのものに今年はこれだけの実りが・・・感動です。
ナノバブル水の効果があって実ったのか?たまたまなのかは不明です。

今現在、ナノバブルが植物に与える影響で判明していることは、根の成長には
十分な酸素が必要であることが分かっています。
ナノバブル水で水やりすると通常の水よりも酸素を多く供給する事が出来ます。
そのため植物の成長を促進し易いという訳です。
イチゴの収穫ではナノバブル水と普通の水との収穫量の差が11%増という結果も出ています。

実際、弊社にもイチゴ農家の方から直接お問合せを頂くのですが、300坪の畑に1日朝3t、
夕方3t合計6tもの水やりを行うそうです。
弊社商品ナノバブールが低価格なのでお問合せを頂いているのだと思いますが
ナノバブールは一般家庭用に開発した商品で農業には不向きです。
(家庭菜園程度なら可能かも?)
せいぜい1分間で10ℓ程度のナノバブル水を作るのが限界です。
よって1時間で高濃度ナノバブル水を1t作れるマシンを販売されている
ナノクスさんをご紹介している次第です。
それと、多くの水を使用する農家さんは地下水を利用されています。
水道水に含まれる多くの泡と水圧を利用しナノバブルを発生させる弊社開発商品
ナノバブールでは地下水をくみ上げるポンプへの取付や構造も異なる為、
現段階では農業への応用は難しいと考えています。
将来的には農業への応用品も考えて行けたらとは思っています。

Scroll Up