ナノバブルの効果

前回までは泡の定義やナノバブルの特長、特性などについて書きましたが、今回はナノバブルの持つその効果に触れたいと思います。

ナノバブルの効果

①洗浄効果
②水質浄化・改善
③臭気、悪臭の消臭の効果
④菌、ウィルスの死滅

一般的に大きく発表されている効果はこの4点です。

ナノバブルはマイナス電荷を帯びているため、水中に漂うプラスの電荷を帯びた異物に吸着する力を持っています。

この吸着する力を利用する事と、吸着後ナノバブルが破裂しその異物を分解するため洗浄効果、水質改善、消臭効果、菌・ウィルスの死滅に貢献できるという事です。

現在、産業、医療分野でもその効果が証明され、更なる研究も進んでいるとのことです。

NHKの「クローズアップ現代」でも取り上げられています。

①生物の生育に良い環境を与える。
ナノバブル水でトラフグを養殖したところ、その成長が2倍ほど早くなり出荷できる期間が半分に短縮された。

②魚の鮮度を保つ
窒素を溶かしたナノバブル水に魚を入れておくだけで5日間鮮度が保てる。

③洗浄水としてのナノバブル水
西日本の高速道路サービスエリアでは、ナノバブル水でのトイレ洗浄が実用化され、その効果が証明されています。

クローズアップ現代抜粋タイトル
クローズアップ現代抜粋本文

NHKクローズアップ現代より抜粋

ナノバブル(ウルトラファインバブル)の効果や産業界での活躍がわかったところで、どのようにして気軽に安価で使いやすい家庭用品にするかが重要課題です。

今のところシャワーヘッドが数社から販売されています。

確かにナノバブルの効果を利用するのであればシャワーヘッドの選択は間違いありません。

洗浄効果UPで毛穴を洗浄、肌に浸透保温効果UPなど・・・・

しかし、現状として高価で気軽に購入できる物ではない、ということが個人的な意見として残念です。

また「マイクロナノバブル」という表現が結構使われています。

マイクロナノバブルとは何?次回までにこの辺を調べてみたいと思います。

Scroll Up